新規特許を出願しました。

  ジオエナジー株式会社にて行っていた「自噴井を活用したヒートポンプ空調」の実証試験を引き継ぎ、各家庭への導入を目指して小型で安価な熱交換器を開発しました。

 

 黒部川下流域では被圧された地下水が自ら地上より高く噴出する自噴井戸が多数存在しています。ほとんどが垂れ流しとなっているこの地下水の有効利用方法の一つとして、弊社では地中熱ヒートポンプ空調と組み合わせた熱源としての利用を提案しています。

 

 今回開発した熱交換器は一戸建てや小規模事業所への導入を想定し、これまで使用されていた水槽型の熱交換器に比べて1/10に体積を削減、メンテナンス性を確保しつつ大幅なコスト削減にも成功しました。

 

 今後も開発を継続し、地下水資源が豊富な富山県において革新的な空調システムを地域の皆様に提供することを目指していきます。

 

 

 

 ご興味のある方はフロンティア事業部 稲場までお問い合わせください。

 

 

kawabata.jpg

 

 

20171002.jpg