労働安全衛生についての取組み

OHSAS 18001

当社は、2011年7月にOHSAS18001を取得し運用を行っております。

OHSAS18001を取得するにあたり、これまでの当社の安全活動を明確化した労働安全衛生マネジメントシステムを構築しました。

目標の策定から、リスクアセスメント、継続的な改善までPDCAサイクルをまわし、安全理念を実現するべく、日々努力を重ねてまいります。

安全理念・方針

■安全理念

 

当社の最高理念を「安全を最優先する」とする。

いかなる場面においても人命尊重の精神をもって仕事を為し、

人々の生命・健康と幸せな生活を守るために、事故・災害を絶対に起こさない。

 

■安全方針

 

『職場の潜在的危険の原因を追究し、管理し、快適な職場環境を形成する』

 

行動指針

  • 事業活動に伴う労働安全衛生リスクを的確に把握し、労働災害の防止及び労働衛生環境保全活動を実施する。
  • 労働安全衛生目標の設定及び達成の為、労働安全衛生マネジメントシステムを効果的に運用し、安全衛生活動を継続的に改善する。
  • 労働安全衛生関連法規制及び当社が同意するその他の要求事項を遵守する。
  • 安全衛生教育を充実し、安全衛生意識の向上を図る。
  • 安全方針及び行動指針は、全社員及び協力会社に周知する。また、その他の利害関係者にも公開する。

労働安全衛生マネジメントシステムの全体体系図

労働安全衛生マネジメントシステム

ISO18001認証書

ISO18001認証書